打てば響くシステム創りをモットーに現場環境に最適なシステムを御提供させていただきます。

システックITソリューション株式会社

校務支援システムの価格相場やオーダーメイドについて解説

オーダーメイドの校務支援システムを導入

校務支援システムは学校業務の効率化や教職員同士の情報共有に役立つ便利なシステムです。ただし、導入には相応の費用がかかります。いくら便利なシステムでも、予算を大幅にオーバーすると学校経営に支障をきたす可能性があるため、これから導入を検討する方は、大まかな価格相場について調べておくことをおすすめいたします。こちらでは、校務支援システムの価格相場や、ニーズに応じたオーダーメイドの可否、システムの導入効果など、校務支援システムの導入を検討している方向けの情報をまとめました。

校務支援システムの価格はどのくらい?

校務支援システムの価格は、システムを提供するベンダーや、システムの規模、搭載する機能、導入する機器の種類などによって大きく異なります。

また、校務支援システムは維持費やメンテナンス費などもかかるため、システムを利用している間はランニングコストが発生します。校務支援システムを導入する際は、初期コストだけでなく、ランニングコストも考慮して検討することが大切です。

ここでは、校務支援システムに利用する機器の種類や、システムの価格相場について解説いたします。

pcと女性

校務対応の便利な機器

校務支援システムの目的は、これまで手作業で行っていた校務をデジタル化し、情報管理や情報共有を簡単&迅速に実施することです。校務支援システムによるデータのデジタル化および教職員同士の情報共有には、構内ネットワークと構内サーバー、そしてデジタル端末が必要になります。

これだけの環境を揃えるためには、それなりの準備と費用が必要になるものの、校務支援システムを導入すると、それまで手書きや手作業で行ってきた事務業務のほとんどをデジタル化できるようになります。

決められた様式に合わせて転写したり、紙の資料を保管したりする手間が省けるため、校務の大幅な効率化を図ることが可能です。

また、生徒の情報を一元管理し、教職員同士で共有できるようになれば、旧担当から新担当への引継ぎがスムーズになります。さらに、朝礼や打ち合わせ、会議などを行わなくても、教職員間である程度のコミュニケーションを取れるようになるという利点もあります。

こうしたメリットを考えると、校務支援システムの導入には高い費用対効果が見込めるため、近年は学校の種別を問わず、同システムを活用するところが増えてきているのです。

システックITソリューション株式会社は、私立高校様の運営スタイルに合わせてシステムをフルカスタマイズすることで、痒い所に手が届くような校務支援システムをご提供しております。超高速開発ツールを採用し、それを最大限に使いこなすための独自のプロトタイプ開発手法を確立することで、機能的な漏れ、仕様の食い違いなどを本番稼働前に解決しながら、低価格・短納期でイメージ通りのシステム構築を実現いたします。

学校の外とのつながりも支援するシステム

校務は学校の中だけに留まらず、保護者や地域住民など学校の外を対象にしたものもあります。たとえば、日頃の学習への取り組みを保護者に伝えたり、学校行事について地域住民に理解を求めたりするのも大切な校務の1つです。そのため、校務支援システムにも外部に向けてメールを発信したり、ホームページに情報を掲載したりする機能が搭載されています。

ただし、構内ネットワークだけで完結する学校内の校務とは異なり、外部に情報を発信するためには、インターネットに接続しなければなりません。構内ネットワークの場合、内部の人間(教職員等)が意図的に情報を持ち出さない限り、外部に情報が漏洩するリスクは低いです。しかし、インターネットに接続すると、不正アクセスやサイバー攻撃を受ける可能性が高くなります。

学校では、生徒の個人情報や成績など秘匿性の高い情報を取り扱っているため、校務支援システムで外部に接続する際は徹底したセキュリティ対策が必要です。

システックITソリューション株式会社がご提供する校務支援システムは、セキュリティ対策も万全です。システム起動時は、利用者IDとパスワードによる個人認証を実施し、不正アクセスを防ぎます。また、利用者ごとに実行権限設定を行うことができますので、不意な誤動作をしてもシステムに与える影響を最小限に抑えることが可能です。さらに、データベースはパスワードロックをアプリケーション内部で自動制御しています。情報が漏れにくいだけでなく、万が一外部にデータファイルが流出した場合でも、外部でデータを開くことができないため、安心です。

学費のイメージ

相場について

前述のとおり、校務支援システムの導入価格およびランニングコストは、導入したシステムの規模や機能などによって異なるため、一概にいくらと言うことはできません。特にシステムをオリジナル仕様にカスタマイズする場合は、価格の幅が大きいため、ベンダーに依頼して見積もりを取る必要があります。

しかし、初めて校務支援システムを導入する場合、大まかな価格の相場がわからないと、予算を立てるのも難しいでしょう。

下記では、一般的な相場とシステックITソリューション株式会社の校務システム価格の目安をご紹介いたします。

一般的な価格相場

パッケージ本体価格:350万~500万程度
私立高校の保守料金:年間70万~150万程度

システックITソリューション株式会社の校務システムの場合

パッケージ本体価格

・高校版校務システム:130万円
・中高一貫校版校務システム:195万円

保守料金:最大で年間40万(※初年度無料、1年以内の仕様追加・変更は無償で対応)

なお、校務支援システムの導入に関しては、国や自治体から支援や補助を受けられる可能性があります。

東京都大田区の例では、補助金の交付はなく、区単独の予算で執行しているものの、支援制度を利用すれば導入コストの節約が期待できます。補助金の有無は国や自治体によって異なるため、事前にご確認ください。

通常、パッケージを独自の運営スタイルに合わせてカスタマイズする場合、基本パッケージに機能を追加していくため、その分費用がどんどん加算され、多くの導入費用がかかってしまいます。

システックITソリューション株式会社では、“打てば響くシステム創り”をモットーに、各私立高校様に合った使い勝手のよい校務支援システムを一般的な価格相場よりも安くご提供できるよう努めております。

価格が安いとシステムの質も悪いのではないか、と不安になる私立高校様もいらっしゃると思います。システックITソリューション株式会社が校務システムをお安くご提供できるのは、ビジネス・アプリケーション開発基盤として30年以上の実績と高い開発生産性を誇る超高速開発ツール「magic」を採用しているからです。magicを活用し、工期短縮を図り人件費を極力抑えることで、低価格でのご提供を実現しています。

また、校務支援システムは、導入後もランニングコストがかかります。サーバー機やパソコンの更新でOSが変わった場合、システムを移行できないことが多くあり、対応のために数百万の費用がかかる可能性もあるのです。システックITソリューション株式会社の校務支援システムは、OS依存度が非常に低く、これまでハードウェア更新時にシステムを変更した事例はございません。そのため、導入費用だけでなく維持にかかる費用を抑えることができるのも当社の校務支援システムの強みです。

現在お使いいただいている校務支援システムに不満がある場合や、校務支援システムの運用にかかるコストを抑えたいとお考えの私立高校様は、お気軽にシステックITソリューション株式会社までご相談ください。導入に関するご相談は随時承っております。

校務支援システムはニーズに合わせたオーダーメイドができる?

校務支援システムによっては、学校側の要望やニーズに合わせて仕様や機能を変更するオーダーメイドに対応しています。

「基本的な機能が備わっているのなら、わざわざカスタマイズする必要はないのでは?」と思われるかもしれません。しかし、必要な機能は学校ごとに異なります。学校ごとに独自の仕様を必要とするため、システムのオーダーメイドの需要は高く、別途カスタマイズ費用を支払ってでも目的やニーズに合ったシステムを構築したいと考える私立高校様が増えているのです。

ここでは、校務支援システムのオーダーメイド需要が高い理由や、システム導入によって見込める効果について解説いたします。

システムのイメージ

ニーズに合わせたシステムの需要

校務支援システムをオーダーメイドすることへの需要が高い理由は、大きく分けて3つあります。

1.教職員が従事する業務の幅が広い

教諭が従事する業務は、児童生徒の指導に関する業務から学校の運営に関する業務まで多岐にわたります。教職員の負担軽減を目的に校務支援システムを導入する場合、すべての校務に対応している必要があります。

どのような基本機能を備えているかはシステムによって異なるため、自分の学校が抱えている課題・問題を解決する機能をすべて網羅しているシステムを探すのは至難の業です。

オーダーメイドに対応している校務支援システムなら、現場が必要としている機能をすべて導入することが可能です。システックITソリューション株式会社がご提供する校務システムは、私立高校様の運営スタイルに合わせてフルカスタマイズできます。

2.現場への導入がスムーズになる

校務支援システムの仕様は製品ごとに異なります。従来のやり方(手作業)と大きく仕様が異なる場合、システムに合わせざるを得なくなるのです。導入初期は、システムへの移行だけでも混乱や戸惑いが生じやすいため、さらに仕様が大きく異なる場合、現場への導入が滞るおそれがあります。オーダーメイドに対応している校務支援システムなら、従来の仕様に近い形で構築できるため、手作業からシステムへの移行もスムーズに可能です。

システックITソリューション株式会社では、開発途中の画面をご覧いただくことで、先生方のイメージに限りなく近い機能・操作性を実現いたします。また、シンプルな機能で操作が簡単ですので、PCに不慣れな方でも安心してご利用いただけます。

3.指導要録、様式の変更に対応できる

学校教育法施行規則によって作成が義務づけられている学習指導要録は、時代や社会情勢などに応じて変更されることがあります。指導要録の変更によって新たな様式が追加された場合、校務支援システムも新たな様式を作成・追加するなどの対応を行わなければなりません。カスタマイズ可能な校務支援システムは、利用途中の変更や追加にも柔軟に対応できるため、業務に支障をきたす心配がありません。

システックITソリューション株式会社では、システム導入後、1年以内でしたら無償で仕様追加・変更に対応いたします。それ以降のアフターフォローもしっかりと行ってまいりますので、安心してお任せください。

changeのウッドブロック

導入効果

校務支援システムの導入およびオーダーメイド、カスタマイズには相応のコストがかかりますが、それに見合うだけの効果が期待できます。具体的にどのような効果が得られるのか、3つのポイントにわけて説明いたします。

1.業務時間の削減

校務支援システムの導入により、最も期待できる効果は教職員の業務時間の削減です。校務支援システムに搭載されている成績・評価の自動算出や、出欠管理の集計作業の自動化などを上手に活用すれば、業務にかかる時間を大幅に短縮できます。

また、グループウェア機能の活用によって教職員間で情報を共有すれば、朝礼や会議、打ち合わせの時間や回数も削減することが可能です。大阪市教育委員会の取り組みでは、クラス担任の校務時間が1年間でなんと168.1時間も短縮されたという結果が出ており、校務支援システムによる業務時間短縮効果の高さを物語っています。

2.教育・指導の質の向上

校務にかかる時間を削減できれば、浮いた時間を児童や生徒とのコミュニケーションや指導に充てることができます。また、校務支援システムに蓄積されたデータを分析すれば、どのような学習でつまずいているのか、健康状態に問題はないか、といった情報が可視化されるため、生徒一人ひとりに対してよりきめ細かな対応を行うことができます。

3.教職員間のコミュニケーションの向上

校務支援システムに搭載されているグループウェア機能を活用すると、各教職員が登録した情報を、同じ職場で働く人間全員で共有することができます。

縦または横のつながりが強化されると、教育・指導の質が向上するのはもちろん、学校の現状や課題・問題点などを正確に把握できるようになるため、経営や方針の見直し・改善にも貢献します。

システックITソリューション株式会社の校務支援システムは、全国で95校の導入実績(2021年3月現在)がございます。学校ごとに柔軟に完全個別対応を行っており、導入数=開発実績数です。導入いただいた学校様からはお喜びの声を多くいただいております。これからも成績管理をはじめとして、様々な校務システムの構築支援を学校様目線で行えるよう努めてまいりますので、運営スタイルに合った独自の校務支援システムを導入したい私立高校様はお気軽にお問い合わせください。

校務支援システムを上手に活用して教育現場の校務改善を目指そう

教育現場で働く教職員は、日々校務に追われており、残業や休日出勤などを強いられていることも少なくありません。教職員一人にかかる負担が大きくなると、教育・指導の質の低下や、教職員同士のコミュニケーション不足などを招く原因となります。

校務支援システムの導入には、初期コストやランニングコスト、カスタマイズ費用などがかかるものの、そのぶん業務時間の短縮や教育指導の質の向上、コミュニケーションの増加など様々な効果を期待できます。

システックITソリューション株式会社では、学校様の要望やニーズ、仕様に合ったオーダーメイドの校務支援システムを低価格でご提供いたします。ご要望に対してフルカスタマイズにて個別対応を行いますので、各私立高校様の校務に必要となる機能が揃った校務支援システムの導入が可能です。また、Excelとのダイナミックな連携機能を備えているため、汎用性が高くデータの2次利用も楽に行えます。

加えて、全国どこでも概ね3回の訪問を行い、運用指導・確認作業・納品作業を実施し、イメージ通りのシステム創りをするのがシステックITソリューション株式会社の強みです。ご訪問の際には、仕様の漏れがないか、追加課題がないかをご確認する他、意見が出しやすい環境づくりの構築にも努めております。画面操作を交えながら対応を行いますので、先生方もイメージがしやすいかと思います。

現在の校務支援システムから乗り換えを検討されている私立高校様は、お気軽にお問い合わせください。

校務支援システムの導入のご相談ならシステックITソリューション株式会社へ

会社名
システックITソリューション株式会社
代表者
市 克吉
設立
2015年11月27日
資本金
5,000,000円
住所
〒708-0824 岡山県津山市沼6−8
TEL
0868-25-2131 (平日 09:00~18:00)
FAX
0868-25-2213
E-mail
info@systech-its.co.jp
URL
https://www.systech-its.co.jp/